top of page
  • 執筆者の写真香月葉子

思考の実験室 其の2 | ひと言で1000ワット

更新日:1月4日


Your smile reaches 100 mph every single time I make you come.


イカせるたびにあなたのほほえみは光り輝く



Immortality is another name for incarceration.


不死とは監禁の別名



We are living in a world saturated with the religion of "I me mine."


わたしたちは「自分だけ」を信じて尊ぶ世界にどっぷりハマってる



Her lips become softer as she listens to my sweet lies.


わたしの上手な嘘にだまされるたびに彼女の唇はいっそう受け入れやすくなる



Don't try to be tough.

You don't have to con yourself into buying such a fake attitude.

It's alright to be soft.

You can be a human.


強く見せなくてもいいんだよ

そんなフリをしなくてもいいんだよ

弱さを見せてもぜんぜんかまわない

それが人間なんだから



She is no longer 'here.’ Always.


彼女はもう「ここ」にはいません。いつだって。



The spectacle is all that matters now.

It doesn't mean the real is dead, though.


いまの世界で大切なのはどう見せるかってことだけ

だからって現実はどうでもいい、ってわけじゃないけど



"You don't know what love is."

"Excuse me? What did you just say?"

"I said, You don't know what love is."

"Oh, yeah? It's funny."

"What's funny?"

"'Cause it's everywhere."

"What's everywhere?"

"I mean, what you said is everywhere. In songs. In books. In movies."

"Oh?"

"Everyone knows it."

"Everyone?"

"Uh-huh. Everyone says it. It's a total cliché."

"Are we quarreling bedmates now?"

"No, I don't think so."

"I just said, You don't know what love is."

"Uh-oh."

"What's wrong with that?"

"Now I can see your problem."

"My problem? What's that?"

"I don't think you know what you're saying when you say it."

"Oh."

"Do you know exactly what you are and who you are?"

"Nope."

"Though you don't know what you are, how dare you say I don't know what love is."

"Oops...Oh, yeah.....it kind of makes sense."

"So, just shut your mouth and let me fuck you hard, will you?"


「おまえには愛ってのがわかんないんだよ」

「ちょっと待って。いまなんて言ったの?」

「おまえには愛ってものがわからない、って言ったんだってば」

「へぇ、そうなんだ。変なの」

「なにが変なんだよ」

「だって、そんなの、どこにでもあるんだもの」

「どこにでもある、って何のことだよ」

「あなたが言ったことなんてどこにでも見つかるってこと。歌詞のなかでも、本のなかでも、映画のなかでも」

「そうか?」

「そんなこと誰でもみんな知ってるよ」

「だれでもみんな?」

「あたりまえじゃない。みんな同じこと言うもの。それって使い古された決まり文句だってこと」

「おれたち、いま、喧嘩中のセックスパートナーになりつつあるよな?」

「ううん、そうは思わないけど」

「おれ、ただ、おまえには愛がわからないって言っただけなんだよな」

「わ、ヤバい」

「どこがヤバいんだよ」

「ようやくあなたの問題が見えてきた」

「おれの問題? なんだよそれ」

「あなたって、さっきのセリフを言ったとき、自分自身が言ってることがわかってなかったんじゃないのかなぁ、て思ってるの」

「へ?」

「自分が何なのか、自分が誰なのか、バッチリわかってる?」

「ぜんぜん」

「自分が何なのかもわからないくせして、よくもわたしに愛がわからないなんて言えるわよね」

「あ、ごめんごめん…ま、それもそうだよなぁ…おまえの言ってること、なんとなくわかる気がする」

「だったら、とにかく黙って、あなたをおもいきりファックさせて。ね?」




No death, no beauty.

No beauty, no life.


死がなくなれば美がなくなる

美がなくなれば人生がなくなる



I am a writer. I excrete words.


わたしは物書きです。ことばを排泄します。



Incredible can be discreditable.

We ought to slim down the volume of excitement a little.

Except for being on a bed with someone you love.


とんでもなく凄いことはとんでもなく恥ずべきことにもなりえる

わたしたちは興奮の度合いをすこし抑え気味にしたほうがいいのだろう

だれかとベッドをともにするとき以外は



At a party, you're aware he's stealing a glance at you from the opposite corner.

You're sure he's looking only at you but you're not sure if he would be still standing over there after the party so you start wondering if you should leave here early with someone else.


パーティ会場で、ひとりの男性が向かいのすみっこからあなたを盗み見ていることに気がついたあなた。その人があなただけを見つめていることはたしかだと思うのだけど、このパーティが終わったあともその人がずっとその同じ場所からあなたを見つめてくれているかどうかわからないから、やっぱり他の男性といっしょに早めにここを出たほうがいいのかな、なんて悩みはじめたあなた。



You can never find beauty if you're fearful of seeing what it's all about.


美がどういうものなのかを確かめる勇気がなければ、あなたは永久に美とは出会えない。



I'm dreaming of the end of everything.

Maybe I'm just tired.

But......tired of what?

This little doubt scares me a lot.


すべてが終わってしまう夢ばかりを見ている

たんに疲れてるせいなのかもしれない

でも、いったい何に疲れてるの?

この小さな疑問符がいちばん怖い



Having a meal while thinking about other things would be a disaster for your body.


ほかのことを考えながら食事をとることがあなたの体に災いをもたらすのです



Life is a good place to say goodbye to everything you own including love.


人生とは、愛する人をふくめて、あなたがかつて持っていたすべてのものにサヨナラを言うための、晴れ舞台なのです









無断引用および無断転載はお断りいたします

All Materials ©️ 2021 Kazuki Yoko

All Rights Reserved.



Comments


bottom of page