top of page
  • 執筆者の写真香月葉子

画像生成AI【Playground AI】(プレイグラウンド)でわたしのAI画像展【美少女編①】

更新日:2023年9月2日


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 先ごろ、ことばによる指示で画像を作りだしてくれる(Text-to-Imageモデルの)画像生成AIについて、さまざまなプログラムを紹介させてもらいました。

 それについては『BlueWillow(ブルーウィロー)でわたしのAI画像展【ご紹介】』をごらんになっていただければ、とおもいます。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 さて、Playground AIも、ブルーウィローとおなじく、完全無料の画像生成AIプログラムのひとつです。

 1日に1000枚まで(1000 images per day)、という枚数制限、はありますけれど、ほとんど『枚数制限なし』と変わりはないかとおもいます。

 しかも商業的な利用(commercial use)もゆるされています。

 使ってみた印象としては、ブルーウィローよりも高品質で、Midjourney(ミッドジャーニー)よりもほんのすこし画質が劣るかも、という感じでした。

 ユーザーインターフェイスはとてもわかりやすく、親しみのわくもので、ブルーウィローのようにミッドジャーニーからアイデアを「拝借」(inspired)しているものではありません。

 とてもオリジナルな「顔」をもっています。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 もちろんDiscord経由で使えます。

 それはとても便利なのですけれども、お作りになった絵をダウンロードすることの多い方でしたら、Discordのアプリをお使いになるよりもWEBブラウザ版「Discord」から【プレイグラウンド】にお入りになったほうが良いかとおもわれます。

 ウェブブラウザ上でお絵描きのできる仕様(Web UI:ウェブ・インターフェイス)になっていますので、使い勝手が良いのではないでしょうか。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 プレイグラウンドの使い勝手はミッドジャーニーに近くて、ほんの少量の『呪文』をふりまくだけで、かなり「らしい」絵を生成してくれます。

 それだけに、ご自分の『呪文』そのもので思い描いていたものに近づけようとすると、逆に、なかなか思い通りにはいかないかもしれません。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 みなさんがお書きになった『呪文』に従うように訓練するためには、人工知能(AI)にご自分の「好み」を学ばせなければいけないのですけれども、その点、【プレイグラウンド】の場合は、出力された画像にたいして「ダメ・フツー・いいね」という評価を3種類のEmoji(😫😟😊)で選べますので、しだいに賢くなってくるはずです。

 そういう意味では、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えているプログラムだとおもいます。

 また、出力された画像を、リアルタイムに編集できる機能もありますので、デザイナやイラストレータの方たちにはとても使い勝手が良いのではないでしょうか。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 画像そのものに関してのお話をさせてもらいます。

 たとえば【Midjourney】(ミッドジャーニー)の場合でしたら、「あなたの書いた呪文だと、とうぜんこういう画風でなくちゃいけないわけですよ」という上から目線で絵をさしだしてくる、といった印象をうけます。

 そういうふうにして作られた絵が、ほんとうはどんな『呪文』(プロンプト)でなりたっているのかを、プレイグラウンドは教えてくれるのです。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 どういうことかと申しますと、たとえば「宇宙での孤独」(loneliness in outer space)のようなほんのみじかい詩的で抽象的な『呪文』を入力しても、ちゃんと「それなりの」絵ができあがるのは、いったいどのような指示(プロンプト)によるものなのか、という秘密を見せてくれます。

 そのためには、まず、お作りになりたい絵の技法(Style)や様式(Mode)をえらばなければいけません。

 たとえば、油絵風、映画風、ロココ風、水彩画風、ポリゴン風、レゴ風、アメコミ風などなど。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 そのなかからお好みの様式をお選びになって生成させると、まさに「さもありなん」というか「とうぜんそうだよね」というふんいきの絵があらわれます。

 そのとき、画像の下に可視化されている『呪文』をご覧になってください。

 みなさんがお書きになった『呪文』だけではなくて、その絵の技法(Style)や様式(Mode)にそった絵を作りだすための『呪文』がプラスされていることにお気づきになるとおもいます。

 その部分がつまりAIによって勝手に付け加えられた指示言語(呪文)なのです。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 それが【Midjourney】(ミッドジャーニー)の場合には隠されているのですけれども、この【プレイグラウンド】の場合でしたら、ちゃんと目に見えるような処理がほどこされていますので、そういう意味でもユーザーフレンドリーなインターフェイスだと言えるかもしれません。

 しかも「こういう作風とか描写はやめてほしい」と指示するための『秘文』(ひもん:ネガティヴプロンプト)を入力するためのボックスまでもうけられているのが親切です。

 では、こんどはそのプロンプト全体をコピーなさって、他の画像生成AIプログラムに入力なさったら、【プレイグラウンド】とはまたすこし異なったふんいきの絵をお作りになることができるかとおもいます。

 そのようにして、さまざまな画像生成AIがもっている『特徴:クセ』(アルゴリズム)をくらべてみるのもおもしろいかもしれません。


prompt by Kazuki Yoko|generated by Playground AI

 わたしは、AIに「とうぜんこういう絵でなくちゃダメ」と言われると「へこんでしまう」タイプなので、今回みなさんにご覧いただいている画像はすべて『技法・様式なし』(NONE)を選択いたしました。

 そして自分の書いたプロンプトだけをたよりにして作りました。







【備考】

 AIに画像を生成させるための「プロンプト」を書くにあたり、人名はいっさい使っていません。

 ここでいう人名とは、画家、イラストレータ、建築家、各種のアーティストやデザイナ、漫画家、アニメ作家、アニメ制作会社や陶芸家などの名称にくわえて、映画監督や俳優やミュージシャンや著名人、そして一般人をふくめた、ネット上にデジタル化した画像(セルフィーなどの写真をふくむ)をアップロードしているであろう方たちすべてがふくまれます。

 また、現在のネット上に画像としてアップロードされている、あらゆる種類のプロダクトの作り手およびメーカーやブランドの名称(ポルシェ、Honda、ナイキ、VANS、アップル、シャネル、アンダーアーマー、資生堂、H&M、バレンシアガなど)についても同様に使用していませんし、これから先も使うことはありません。

 なお、絵画や芸術における流派(たとえば、印象派、ダダイズム、シュールレアリズム、未来派、ポップアート、コンセプチュアルアートなど)およびサイエンス・フィクションにおけるサブジャンル(たとえば、スティームパンクやサイバーパンクなど)については使用されていますし、これから先も使用する可能性はあります。



[Note]

When writing a "prompt" for AI to generate an image, no names of individuals are used.

By "names" here, it includes not only the names of artists, illustrators, architects, various artists and designers, cartoonists, anime creators, anime production companies, potters, etc., but also all individuals who have uploaded digitally converted images (including photos such as selfies) on the internet, including film directors, actors, musicians, celebrities, and the general public.

Additionally, names of makers, manufacturers, and brands of all types of products uploaded as images on the current internet (such as Porsche, Honda, Nike, VANS, Apple, Chanel, Under Armour, Shiseido, H&M, Balenciaga, etc.) are not used, nor will they be used in the future.

However, the names of artistic genres (such as Impressionism, Dadaism, Surrealism, Futurism, Pop Art, Conceptual Art, etc.) and of subgenres in science fiction (such as Steampunk and Cyberpunk) are currently being used and may be used in the future.



無断引用および無断転載はお断りいたします

All Materials ©️ 2021 Kazuki Yoko

All Rights Reserved.

Opmerkingen


bottom of page